忘れられぬ味

今日は本当に嬉しいことがありました。

それは愛知県からのお客様。

硬くて甘い桃がお好みの方でした。

現在、陽の果農園で収穫しているのは「アルプス美人」という品種。

(これがまた甘いけど、追熟に時間がかかる桃なんです。たまにお客様から「いつ柔らかくなるの?」と聞かれるくらい(^^; )

お客様にそう伝えると「そのアルプス美人が食べたかったんです!」という喜びの声。

よくよく聞くと

「以前山梨でアルプス美人という桃を食べたらすごく美味しくて、それで去年も探しに来たんだけど、時期がズレてしまって、期待通りの桃じゃなかった。今年はネットで調べて、陽の果農園が出てきたから来たんです」

とのこと。

もう、めっちゃ感動しました(ToT)
だって、つまりは、陽の果農園の桃を買うためにわざわざ愛知から来ていただいたんですよね。
この台風の中を…

それを知ったら、もうサービスせざるを得ない衝動に駆られました(笑)

そして、その後に他のお客様からこんなメールも…

「この間、自宅用の桃を注文・送っていただいてすごく美味しかったので、今度は山梨まで買いに行きたいと思っていたところなのですが(桃アウトレットなどもやっていると拝見して)、今は桃は一旦終了して売っていない状態でしょうか?
可能なら明日あたり行こうかと思っていたところだったのですが…。また8月になっても農園前で売っていますか?
あの桃の美味しさが忘れられなくて(笑)」

こんなこと言っていただけるなんて、本当に生産者冥利につきます( ;∀;)

アルプス美人という、この地域の桃が県外の方にも愛されているということ。
陽の果農園の桃が、誰かにとっての「忘れられない味」になっているということ。

本当に誇りに思います。
そして、そんな方々の「美味しい思い出」を裏切ってはいけない!とつくづく感じました。